老犬介護ホーム メロー

コンセプト

高齢社会になってきて犬も人間も高齢になってきました。
できれば最後まで犬と一緒の生活を送りたいと思っていても、年齢や手助けをしてくれる人や場所がなく、
犬を飼うことを諦めている人も多いと思います。

老犬介護ホーム メローは愛犬のお世話が何かの事情でできない時、病気の犬を置いて仕事に行くのが心配な時、
老犬の介護を手伝って欲しい方のための施設です。
できる限り「ご自宅と同じような環境で、飼い主様と同じように接する」ことを心がけております。

愛犬にストレスがかからないように、それぞれの老犬にあったお預かりサービスを提供いたします。
一番は飼い主様ですが、私たちはワンちゃんの二番目の存在になりたいと思っています。

詳しくはこちら

10歳以上の愛犬の飼い主様へ

10歳以上の愛犬の飼い主様へ 10歳以上の愛犬の飼い主様へ

こんな困ったは、ありませんか?

・老犬を家に置いたままでは心配で、仕事や用事があるのに出掛けられない
・多頭飼いで若いワンちゃんをドッグランなどで、遊ばせてあげたいが、老犬をおいて行けない
・認知症で夜鳴きや徘徊で困っている
・介護が大変なので少しだけ息抜きしたい
・冠婚葬祭で家族全員出掛けてしまう時や旅行に行きたい時に老犬を預かってくれる所が少ない
・一人で介護していて、誰かに相談したい

私たちはワンちゃんとワンちゃんを愛する飼い主様の困ったのお手伝いをしたいと思っています。
ワンちゃんの目線で考えた施設です。どうぞ一度見に来てください。

詳しくはこちら

こだわり こだわり

こだわり

酸素カプセル、マイクロバブル、ネットワークカメラなど、最新設備でお迎えいたします。

詳しくはこちら

短期・長期のお預かり 短期・長期のお預かり

短期・長期のお預かり

老犬介護ホーム メローでご利用いただけるコースやお預かりの流れをご紹介しています。

詳しくはこちら

よくある質問 よくある質問

よくある質問

当ホームにいただくご質問をまとめました。ちょっとした疑問は、ここで解決!

詳しくはこちら

老犬介護ホーム メローの「3つの特徴」

ケージ

ケージ

どうしてもこだわったのがケージです。
大好きな飼い主様と離れて不安な思いをしないように、温かい木の温もりの広いケージにしたいと思いました。
なかなか思うような物が見つからなかったので、ひとつひとつ手作りしてもらいました。
肉球型の鍵はご自分でも犬を飼っている大工さんの遊び心です。
ただこのケージに入るのは寝る時と休憩する時だけで、元気なワンちゃんはフリーペースでたくさん遊んでもらいます。

フリースペース

フリースペース

広々としたフリースペースの床材には、高齢の子の足腰にも優しいワンちゃんが歩きやすい素材を使用しているのが特徴です。

他のワンちゃんたちと一緒に過ごしてもらいますが、1頭で過ごすことを好む子に関しては個室の用意もありますので、どうぞご安心ください。



ワンちゃん用車椅子

ワンちゃん用車椅子

歩行が難しくなったワンちゃんのために、ワンちゃん用の車椅子もご用意しています。こちらで使用している車椅子は全部3輪か4輪で、小型犬~大型犬まで(色々なサイズ)13台程用意しております。

足腰の弱ってきた老犬を車椅子に乗せる事で、歩けないストレスの軽減や筋力低下を抑える事にも役立っております。車椅子に乗せる事でワンちゃん達の嬢しそうな顔を見る事ができます。

Youtube

Instagram

    お知らせ

    2020/12/08
    おはよう関西ーNHKでホームメローを紹介いただきました。
    2020/05/27
    老犬ホーム メローのホームページを新しくオープンしました。

    お知らせ一覧

    アクセス

    JR放出駅/JR・OsakaMetro今里筋線鴫野駅より徒歩15分

    お問い合わせ

    老犬介護ホーム メローに関するご質問やお問い合わせは
    こちらからお気軽にご連絡ください。

    TEL.06-6955-9001

    【受付時間】7:00~19:00
    【定休日】年中無休

    メールはこちら